「ナーシングカバーはいらないや〜」とまだ思ってたころ。
それまでは、まだベビー連れておでかけなんてあまりしてなかったし、 したとしても、デパートやショッピングモールだったので、授乳室があったから必要なかった。

ある日。
ベビー連れの友達が家に遊びに来て、離乳食が終わってからナーシングカバーをバッグから取り出し授乳開始。

「そっか〜。確かにこういう時あったら便利だな〜」と。
せっかくお友達と一緒におしゃべりしているのに、30分とか別の部屋に行って授乳するのも…ね。

それからちょっとネットで探してみて、 with-b さんのを発見。

そして今では、買い物や外食などのおでかけには必ず必要なものに。

with-bさんのナーシングカバーは、ナーシングカバーとお揃いの柄のポーチ付きだし、 他のものと違って、ママの首周りの紐を留めるのがバックルなのもイイ感じ。 デザインも愛用している Ehako* さんのグッズと合った感じのものがあり、大満足です。

この前、スイス(バーゼル)のIKEAのカフェの隅でナーシングカバー使って授乳してたら 「それ、とっても素敵ね。どこで買ったの?」と同じくらいの月齢ベビーのママに声かけられました。 「日本よ」と答えたら、とても残念そうでした…。 構造は単純なので、スイスで商売してみるか!?(笑)