Rigi(リギ山;スイス)

back to scrapbook top
リギ山頂まで行ける登山鉄道 The Vitznau-Rigi Railway の駅がある Vitznau(フィッツナウ) までバーゼルから約130km。約1時間半。 登山鉄道の駅近くには駐車場もあります。

あるいは、ルツェルン から湖船でフィッツナウまで行くこともできます。 登山鉄道駅の目の前に停泊します。

フィッツナウ〜リギ山のStaffelhole(シュタッフェルヘーエ)は1871年から運行開始された、ヨーロッパ最古の登山鉄道。 今回はそれに乗るべく、私たちはフィッツナウからリギ山頂を目指しましたが、リギ山頂まで行く方法は3通りあります。 1つは私たちの方法、もう1つはルツェルンからSBB(スイス国鉄)でArth-Goldauまで行き、そこから The Arth-Rigi railway で行く方法、 3つ目はルツェルンから湖船で Weggis(ヴェッギス) まで行き、そこからロープウェイに乗る方法です。
バーゼル〜フィッツナウ
バーゼル〜フィッツナウ
フィッツナウの登山電車乗り場にチケット売り場とキヨスクがあります。

リギ山に登るにはいくつかの方法があるので、様々な種類のチケットが用意されています。スイスパスなどを持っていたら割引になります。 シーズンによって価格も異なるので、詳細は Rigi 公式ウェブページ で確認してください。

私たちは「Tageskarte」にし、Halbtax-Abo(The Half-Fare Card) を所有しているので、1人CHF 31。
Rigi チケット
フィッツナウ駅
フィッツナウ駅
The Vitznau-Rigi Railway(車内から)
The Vitznau-Rigi Railway(帰りの車内から)
リギ・クルム駅
リギ・クルム駅(山頂)
リギ山、および周辺マップ
リギ山、および周辺マップ(クリックで拡大表示します)
ウィンターハイキング
初めてのウィンターハイキング。
ウェアはスキー・スノーボードの時と同じ、靴はトレッキングシューズ、バックパックと子供を背負うリュック、トレッキングポールで出発。

リギ山のウィンターハイキングコースはベビーカーでもOKなほど整備された道を歩くので、重装備でなくても大丈夫です。 下りも緩やかな斜面なので楽に歩けますが、雪の上を歩くので滑ることもあるため、トレッキングポールを持っていると安心です。

リギ山ではウィンターハイキングだけではなく、もちろんスキーやスノーボード、ソリ遊びもできます。
リギ・クルム駅から山頂への案内板
リギ・クルム駅から山頂への案内板
リギ山頂からの風景
リギ山頂からの風景
登山電車駅の脇からソリ滑り
登山電車駅の脇からソリ滑り
(ハイキングコースとは別)
ベビーカーでもハイキング可能
ベビーカーでもハイキング可能
雲海が広がっていました
雲海が広がっていました
紐につかまってクルクル!
紐につかまってクルクル!
馬ソリ
馬ソリ
Rigi Kulm Hotel Restaurant 【web
リギ山頂にあるホテル「Rigi Kulm Hotel」のレストラン。

テラス席からの眺めは最高です!
バイキング形式で、ソーセージ+ポテトやパスタ、本日のランチ、軽食などがいただけます。
Rigi Kulm Hotel Restaurant
Rigi Kulm Hotel Restaurant
Rigi Kulm Hotel
Rigi Kulm Hotel全景